MORIUCHI FABRICS CO.,LTD.

森内織物株式会社未来を見つめる。織物で明日を変える。

更新情報・お知らせ

2020/02/21
展示会の御礼NEW
2020/02/12
展示会出展のお知らせ
2020/02/10
ホームページ開設しました。

» ブログページ

森内織物株式会社とは?

会社案内

 中小企業のまち、東大阪に拠点を置く、創業1947年の老舗織物製造メーカーです。 創業以来、オフセット印刷基材(ブランケット)を構成する基布製造を専業とし、 世界NO.1のシェアを維持し続けています。

 国内での生産を継続しながら、1998年にはインドネシア・バンドンにて、 双日株式会社との合弁事業として海外工場を設立。 欧州、北米、南米、中国にも販路を拡大しているグローバル企業です。 業界独自の特殊な品質管理、長年のノウハウを糧とし、 オフセット印刷業界になくてはならない地位を獲得してきました。

 近年は、新規事業としてコーティング事業を立ち上げ、「Rimo International Trade」を通じた 原料調達体制を整え、また環境負荷を低減させるメンブレン膜製造の合弁会社「TOMAC CORPORATION」を設立し、 次世代への発展、社会貢献を目指しています。

会社沿革

1947年(昭和22年)ゴム資材用布、ネル、濾過布製造メーカーとして創業
1960年(昭和35年)森内織物株式会社設立。オフセット印刷用基材布に軸足を固める
1997年(平成09年)インドネシア・バンドンに合弁会社、PT.MORIUCHI INDONESIA設立
2016年(平成28年)塗膜事業部立ち上げ
2016年(平成28年)タイ・バンコクに資材調達会社、Rimo International Trade Co.,Ltd.設立
2017年(平成29年)メンブレン膜製造の合弁会社、TOMAC CORPORATION設立

企業概要

mo

 会社名 :森内織物株式会社
 代表者 :森内亮介
 資本金 :4,000万円
 創業  :1947年
 設立  :1960年9月30日
 従業員数:36名(日本国内)
     :298名(海外)
 *2020年1月現在